• watanabetomato

稲への散水はおもしろいっ★


おはようございます!稲の「苗だし」も無事終わり、ビニールハウスに並んだ稲の赤ちゃんたちも順調に育っています♪そろそろ育苗箱の水分が少なくなってきたので、稲に散水をしました!その様子をお伝えします(≧◇≦)

晴れた日が数日続くと、育苗箱の土は薄い茶色に・・・この状態は水分が少なくなっているサインですΣ(゚Д゚)これをこのまま放置すると・・・⇒稲が針金のように細くなる⇒葉先が枯れて赤くなる・・・となり可哀そうな感じになってしまうので(+_+)、なるべく早くに水をあげるようにします(^O^)/

お師匠さまが散水している様子。ホースからでる水の勢いがすごいため、稲に近づけて放水すると、稲が折れたり曲がってしまったりしますΣ(゚Д゚)なので、なるべく高い位置から広い範囲に水が飛ぶように散水するのがポイント!!!だそうです(*´ω`*)

このホースから出る「ザーッザーッ」といった音、あたたかいハウスの中で一人でずーーーーっと聞いていると、子守歌のように聞こえてきて眠くなります(笑)睡眠不足の日に稲の散水をする場合は要注意ですっっっ(^▽^;)

水をあげ終わった状態の稲の様子を撮るのを忘れてしまってました・・・・m(__)m

代わりに・・・・上の息子くんも散水に挑戦!!!大人の手を借りつつですが、年長さんともなると、こんなお手伝いもできるようになりましたっ!!!頼もしいですねぇ(≧◇≦)

毎日食べてるごはんだよーーーー♪と話しをするのですが、うんっ!!と返事をしつつも、いまいちピンときてないような・・・・(^▽^;)

息子くんには、育苗⇒田植⇒稲刈⇒籾摺り⇒食べる(笑)と、米ができあがる過程を全て体験してもらってます。食育になっているかどうかは分かりませんが、息子くんの中で何か感じるものがあるといいなぁ(*^▽^*)


14回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com