• watanabetomato

米(コシヒカリ・ヒトメボレ)の「苗だし」をしました!


おはようございます!今回は種まきをした米のその後をご紹介します!前回の米の記事で、米(コシヒカリ・ヒトメボレ)の種まきを行い、育苗箱を温める機会にセットしました(´∀`)

その数日後・・・育苗箱を覗いてみると.....

育苗箱のてっぺんに白いものが見えますねっヾ(≧▽≦)ノここからだとよく見えないので、ちょっと近づいてみます・・・・・・

おぉっ!!!もやしみたいな白いツンツン、これが稲の芽になりますっ!!!1枚1枚からちょっとづつ芽がでているのですが、何枚も重なっているので、下の育苗箱に入っている稲たちはちょっと重くて苦しそう((+_+))もっとわかりやすいように、さらに近づいてみますっ!

じゃーん!!もやし!?もしくは、モウソウダケのちぃっちゃい版!?と思うくらいに、稲とは思えないお姿!これが稲刈り時期のあの実がたっぷり詰まって垂れさがった稲穂になるとはっ!!!なんとも不思議な感じです( *´艸`)でも、赤ちゃんの時期は人間も植物もカワイイですねぇカワ(・∀・)イイ!!

そして、このちょっと芽が出た状態の苗たちを、育苗用に準備したビニールハウスの中へせっせと並べていきます。稲の苗を出すので「苗だし」の作業となります(^O^)/

写真は、並べて約2日後なので、苗が伸びて全体的に緑色になってきました!

33mのビニールハウス一面に並ぶ稲はとってもキレイ!!!サッカー場の芝生のようです♪渡部農園ではこの稲の育苗ハウスが2棟用意されていますっ★ここで、田植までの約1か月間、すくすくと育っていきますっヾ(≧▽≦)ノ

ちなみに、ある朝の稲の苗の様子です。たっぷり水をあげた翌日の朝は、こんな感じで葉に葉水があがります。根っこから吸った水分が葉っぱに出てくるので、この葉水があがっているかどうかで、根が十分に張ったかどうかを確認することができますっ(≧◇≦)

このキラキラ、本当にきれいです♪育苗箱で苗を育てているからこそ見れる光景ですねっっヾ(≧▽≦)ノ

稲のあかちゃんたち、きみたちも暖かい場所ですくすく育つんだよ~(≧◇≦)


27回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com