• watanabetomato

米の種籾を陰干しします!


おはようございます!今回は4/16に行った「種籾」の陰干しの様子をお伝えしますっ!ヽ(^。^)ノ

前回の米作業の記事では、米の種たちが温水シャワーを浴びる様子をお伝えしました♪

今回はその温水シャワーから上がってきた米の種籾を陰干しする作業をご紹介しますっっっ★

お風呂あがりの種籾さん達。何日も冷水シャワーを浴びて種がふっくら膨れあがり、水揚げされる24時間前に温度をかけて暖か~い温水プールにすることで、種籾からちょびっとだけ芽が出てきます。

このちょびっとだけ芽が出た状態で種まきをしますっっっ('ω')ノ

ですが、この温水に濡れたままではちょびっと出てきた種がぐんぐん伸びてしまうので、一度陰干しをして成長を止めます。そしてキレイに乾いた種を土に撒いて育苗する行程へと移っていきます♪

まずはお風呂から上がった種籾を、「むしろ」と呼ばれる藁を編んだような敷物の上に山にして出していきます。今回の種まき用に、コシヒカリを約30袋用意しました!

これがすべて山になって並んだ状態。この状態では山の中がホカホカして均一に干されないので、この山を崩していきます。どうするかというと・・・・・

がぉぉぉぉぉ~~~~~~!!!って感じのトラの手を作り、種籾の山をくずし、小判型に筋をつけながら広げていきます。実際に種籾に触ると、ほんのり暖かくて気持ちがいい~~~~(*´ω`*)

すべての山をくずして小判型にしたら完成っ!でっかいおせんべいみたい( *´艸`)

この一つ一つの粒から芽が出てお米になっていくのですが・・・・このせんべいを見てるとなかなか想像つかないですよね( *´艸`)

なので、このブログで順を追って解説していきますねっっっ♪立派なお米ができるまで、随時ご紹介していきますので、ぜひお付き合いください♪


19回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com