• watanabetomato

団子さしをしました!


おはようございます!本日は会津の伝統行事「団子さし」のご紹介です。

会津では1月の中旬頃に「団子さし」を行います(^o^)丿

渡部農園でも、私が子供のころから毎年当たり前のように行っていた家庭行事だったので、なーーーーーんとも思ってなかったのですが、改めてお師匠様に団子さしの由来を聞いたところ、ちゃんと意味がありました(笑)そりゃそうですよね(*´ω`*)

各地でいろんな説があるのですが、お師匠さまが言うには・・・

まるい団子は「稲の苗」を表しており、それをミズキの樹にさして飾ることで、花がさくように稲も豊作になることを祈願しているそうです♪

渡部農園ではその他の野菜も豊作になってほしいので、野菜の形をした団子、縁起物のお稲荷さん、鶴、亀、俵の団子などを作って飾ります(≧◇≦)

その他にも、鯛や小判、大黒様や宝船といったありがたい飾りや、みかんなどを吊るします。なぜミカンを吊るすのかとお師匠様に尋ねたところ、「華やかになるからじゃない?」という普通の答えが返ってきました(笑)なんかまた面白い由来あるかと思ったら無かった((+_+))

写真を見ていただければお分かりかと思いますが・・・・・はい、渡部農園ファミリーは工作のセンスがあまりありません!!!Σ(゚Д゚) 写真にあるのは、カボチャ、きゅうり、インゲン、人参、茄子、ネギ、さつまいも、そしてそして!もちろんトマトっ!!トマトをもっと大きく作れば良かったなぁ・・・(;^ω^)

お師匠様、何か作ってます(笑)お師匠さまは実は油絵や水彩画が得意で、とても上手なんです(*´ω`*)が、美術と図工は使う腕が違うようです( *´艸`)

ミズキの冬芽を取ってから飾り付けです♪ 団子さしに使った団子は後で食べるので、冬芽が団子の中に残らないように最初に冬芽を取るのですが、すべての芽を取ってしまうと、稲の芽も出なくなってしまうのでちょっとだけ残すのが風習らしいですヽ(^。^)ノ

いよいよ作業も大詰め!!作った団子たちをミズキの樹にさし、飾りも飾って完成です!(^O^)/

今年も稲も野菜も豊作になりますようにっっっ!!!!!

ネギを飾ったらだらーーーーーーんとなって何の野菜だか分からなくなりました(笑)


15回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com