• watanabetomato

大玉トマトの誘引作業


おはようございます!お久しぶりに今回は管理作業の記事をアップです。

毎日収穫の記事しかアップしていませんでしたが、収穫後はあっついハウスの中で毎日管理作業を頑張っています!良いトマトを獲るには、こまめな管理作業が必要です。

本日は大玉トマトの誘引作業です。

誘引作業の目的は大きく3つ。

【1】高温障害の防止

トマト達は大きくなってくると背も伸びて、ビニールハウスにくっついてしまうトマトもいます。

気温はうえに行けば行くほど高くなるので、花がある成長点が高温にさらされると、高温障害が発生しています可能性があります。

【2】日焼けの防止

日中のビニールハウスのビニールは、太陽に照らされて熱々です。トマトの頭がビニールハウスにくっついてしまうことで、トマトが焼けてしまうと、成長が止まりそれ以上トマトができなくなってしまいます(+_+)

【3】中折れの防止

1本の紐だけで身体全体を支えられているトマトたちは、背が伸びると紐だけでは支えきれなくなり、おじぎをした状態に折れてしまいます。これが「中折れ」という状態です。

この中折れが起きると、茎が折れ曲がって傷ついてしまうため、その傷口から病気になったり、水分を吸い上げることができずに枯れてしまったりします。

背がぐーーんと伸びて屋根ビニールにくっつきそうなトマトさん。このままでは構音障害・焼け・中折れが発生してしまいます(T_T)

そこで「誘引」作業をすると・・・・・・

茎を根元から右側にぐっと倒し、収獲が終わった1段目あたりを寝かせるようにします。

そうすることで頭の位置がぐっと下がり、高温・焼け・中折れを防ぐことができますヽ(^。^)ノ

この誘引作業、左腕がムキムキマッチョになります!( ´艸`)

何個も大きな実をつけたトマトは、見た目よりも重いんです!そのトマトを左手で持ち、釣っている紐を延ばしてゆーーーーーっくり下げてあげます。この下げる動きを慎重にやらないと、トマトの茎がボキッ!!!!

と嫌な音を立てて折れてしまいます\(◎o◎)/!

トマトの茎が何度も折れると、だんだんと私の心も折れそうに・・・・(ノД`)・゜・。

お師匠さま曰く、「誘引作業はアリさんの仕事なんだよ。一生懸命真面目にやってもなかなか進まない。どんなに長く農業やっている人でも、嫌になってしまうことがある。この誘引作業ができれば、他の作業は何でもできるはずっ!!(''ω'')ノ」

お師匠さまがこんなに言うほどなので、やはり誘引作業はかなりの強者みたい(;^ω^)

前半の大玉トマト9棟すべての誘引作業をやると思うと少しクラっとしますが・・・美味しいトマトをたっくさんつけてもらうために、がんばりますっ!!!


242回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com