• watanabetomato

トマトの苗が・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


実はとーーーーーーーってもショックな出来事が、、、 今日は天気が良く、ぽかぽか陽気で近くの公園も家族連れが多かったです。

それ自体は良いことなのですが・・・温床内の温度もぐんぐん上昇。トマトにとっての良い室温は18度から20度と言われています。

そして温度管理を担当していた私にその事件は起きました。

なるべく風通しを良くし温度を下げようとハウス両脇のビニールを上げ、お昼ご飯を食べに家に帰りました。

そろそろ午後も頑張るかと外に出るとすごい風!この時はまだ事件が起きているなど思ってもみませんでした。(事件は現場で起きてるんだ!)

育苗用の温床についてみると・・・ハウスの脇(暑くならないようにあげた両脇のハウスの裾ビニール)がすごい勢いで風に煽られています。

なんだか胸騒ぎを覚え、急いで中に入ってみると・・・

↓真上から撮った写真です。

ななななんと!風でトマトの苗木がなぎ倒されているではないですか!!その数100本を超えています。

(写真では分かりづらいですが)

修行一年目にして最大の試練。トマトをダメにしてしまうのか・・・

問題はすぐに上長へ報告!会社員時代にそう教わった私は、すぐに師匠の父へ連絡。

なんとかなるさーっと会津弁(※沖縄弁ではありません。大西ライオンでもありません。)と割り箸を大量に持って師匠は現れました。

師匠の助言ででまっすぐと上を向くように手で持ち上げてみると半数以上は復活!

自力だけでは辛そうな残りの苗は師匠の持ってきた割り箸で支えてあげることにより復活するとのこと。さすが師匠。

そろそろこの戦いも終わりが見えてきたかと思ったその時!突風により再度ハウスが煽られます。

トマトの苗を囲う小さな3重目のビニールハウスも大きく捲れあがります。

早くなんとかしなくてはまた苗が倒れてしまいます。急いで3重目の小さなビニールの囲いを低くして風の抵抗を受けにくくしてあげました。

気がつけば数時間この戦いを行なっており、終わった頃にはもう日は沈みだして気温が下がってきていました。

今度は寒くなりすぎないようにと外側のビニールをおろし、カーテンをめくりあげたようになっている2重目ビニールをおろし、苗を囲う小さなビニールを全体にまで被せ、ラブシートを被せてあげました。

午後は温度管理ばかり行なっていましたが、今の時期の温度管理は本当に大切で、これを怠ると美味しいトマトを収穫することはできないとのこと。

手間のかかる苗の子育ては本当に人の子育てと似てるなーって思いました。

これに挫けず頑張ります!\\\٩(๑`^´๑)۶////

#育苗 #ミニトマト #トマト

31回の閲覧

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com