• watanabetomato

溝施肥(ミゾセヒ)を行った様子


長年同じところでトマトを栽培していると、だんだんと土が痩せてきます。

数年に一度くらいの頻度で土が元気を取り戻せるように溝施肥(ミゾセヒ)という作業を行います。

秋になりトマトの収穫時期を終えると、一度畝となる部分を全部掘り返してそこに窒素・リン酸・カリを含む藁やくん炭、肥料を加えて土を戻す作業を行います。

息子も手伝ってくれました\\\\٩( 'ω' )و ////

これを行ってもダメな場合は連作障害の可能性があるため別の野菜を育てると良いそうです。

トレンチャーと呼ばれる機械を使い、畝となる部分を深く掘っていきます。

トレンチャーは重く、操縦も結構大変です。

掘った溝の脇に藁を置いていきます。この藁を崩して溝に入れ、微量要素やくん炭を上にかけていきます。

直根系のトマトが大きくなった時に下にもちゃんと養分があるようにしてあげます。

#ミニトマト #ミゾセヒ #本畑 #トマト

ニュースレター購読者の方には、商品プレゼント、特別セールなどのキャンペーン情報を配信いたします。

購読者限定のプレゼント、セールイベントも開催いたしますので、是非ご購読ください。

​​渡部農園のFacebookページ・Google+

  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2017 Watanabe farm

トマト・完熟トマト・ミニトマト、会津米(コシヒカリ・ひとめぼれ)の購入に関する問い合わせや、

新規就農・農場見学に関するご相談はこちらからのお問い合わせ下さい。または、下記よりご連絡お待ちしております。

 電話番号:0242-54-3343 

メール:admin@watanabe-tomatofarm.com